カードローン審査とおすすめ@時間や期間、即日融資、年収、在籍確認の電話、勤続年数は?銀行借入の全解説

更新:2017/08/16

写真

カードローンの審査基準は金融機関によってさまざま

カードローンの審査基準は金融機関によってさまざまです。ノンバンク系は甘いといわれる傾向がありますが、そこには総量規制と呼ばれるものが影響されていると考えられます。総量規制とは、年収の1/3までの融資しかでいないとして法律で定められています。

しかし、銀行系のカードローンの場合は、総量規制対象外となるため、年収の1/3を超えて利用する上限額を設定することができます。つまり、ノンバンク系に比べ、銀行系のほうが審査が厳しくなることは必然として考えられるでしょう。

実際に、銀行系のカードローンの場合、ある程度の上限設定額(200万~300万円)では、審査時に、収入証明書は不要となっています。もし、審査基準が完全に一定であれば、収入証明書をもとに在籍確認、信用情報確認含め、弁済能力を審査するはずです。このように、審査基準は金融機関や利用する上限設定額によって異なるといえます。

ただし、実際にノンバンク系の金融機関のカードローンは審査基準は通りやすいといわれています。それは、銀行などに比べ、扱っている商品が少ないこともあり、より多くの利用者を囲い込む手段の一つともいえるでしょう。


カードローンの融資実行というのは

カードローンは発行された段階で融資実行がいつでもできるようになります。お金を借りる、という行為はとても大変であるのですが発行された段階で信用が確認されているわけですから、その点はそこまで心配することはないです。

では借入期間はいつまでなのか、ということになりますがこれも実は色々とあります。随時返済で返すこともできますし、約定返済でチビチビと返済していくことも可能です。最もダメージが軽いのが一括で返済をすることです。

ダメージというのは利息のことです。利息を少しでも減らせるようにしたほうがよいでしょう。但し、金利が高い場合は借り換えることも検討したほうがよいでしょう。借り換えに関する時期は特に気にしないで良いです。

少しでも自分が得をするのであればそれはやったほうがよいでしょう。十分に自分にメリットがあるのであれば借り換えるようにしましょう。それだけの価値がある行為なのが借り換えなのです。手間はかかりますが、お勧めできます。


商品選びの基準になる受付対応と年収

人々は、たまに年式が良い車などを購入したいと思う事があります。何も車だけでなく、日常生活にて物品購入をするケースもあるでしょう。それで手持ち資金が足りない時には、お金を借りる選択肢も浮上する訳です。

そういう時には、アルコシステムキャッシングなどはよく検討されます。何もそこだけでなく、他にも色々と業者は存在するでしょう。基本的には、自分にとって最も使いやすい商品を選ぶのが妥当と思われます。

選ぶ時には、受付対応などは重要なポイントになるでしょう。やはり長くお付き合いをする以上は、業者の対応が良いか否かは、とても大切だからです。基本的には対応が丁寧な業者を選ぶのが、妥当と思われます。ただし借りられる金額には、限界値がある事は要注意です。そもそも、無制限の金額で借りられる訳ではないからです。

基本的には、年収の3割程度に限定されると考えておく方が良いでしょう。銀行などでは比較的高めに借りられる傾向もありませんが、それでも3割が1つの目安になります。


即日融資を利用する際のポイント

信販系よりも銀行系で即日融資の方が断然利息がお得です。信販などのノンバンク系金融機関は、融資時の金利設定がトップクラスに高いです。

利用を検討する際に様々なサイトなどで利用者のクチコミなどをみて情報収集をするかと思います。しかし、あの手のクチコミは「審査が甘い」とか「簡単に利用できる」など借入れるときに ついての記載が多くあり、肝心な借入後の返済などについて記載がないのがほとんどです。

利用を検討し、金融機関を選ぶ際のポイントは次の通りです。

1:合法的かつ信頼できる金融機関か
2:金利設定が低いこと(他社と比較して)
3:返済方法が複数あること(約定返済日以外の返済/増額返済がが可能かどうか)
4:返済などの手続きでかかる手数料

審査の通りやすさなどを選ぶ際の候補に入れる方がいますが、それはまったくもって意味がなく、上記のポイント検討した結果それをクリアできる金融機関で審査をうけ可否を判断します。初めから、審査の甘さなどで選ばないようにしましょう。


イオン銀行カードローンBIGの特徴とメリット

最近は、さまざまな銀行で気軽にカードローンが組めるようになってきました。しかも、カードローンの種類もさまざまで、イオン銀行ではカードローンBIGと呼ばれるものまで登場しています。

カードローンBIGは、カードを発行することで最大800万円まで借り入れが可能なシステムです。資金用途も問われませんし、主婦でも何かを始める際に必要な資金を十分捻出できる金額として注目されています。

必要な書類は基本的に本人確認書類のみで、運転免許証やパスポートの他、住民票記載事項証明書などでも可能です。あと年収を確認するための書類が必要ですが、社名が入った源泉徴収票のコピーがあればあとの書類は不要です。

口座を持っていれば、最短即日で借り入れができるため関東地方に住んでいてもいなくても入金確認まですぐにできます。また、イオン銀行ならば電話での問い合わせにも対応しているので、ネットでうまくいかなくても資料請求などもできて便利です。


タイムロスをしないために重要な必要書類と審査時間

コンシューマーファイナンスでは受付の締め切りがある所もあります。これに遅れてしまうと審査にいくら通っても翌日になってしまうことがあります。コンシューマーファイナンスで借りる時の多くが即日を希望することがほとんどであるために、こういった借りられない状況はあってはいけません。

この場合に審査も同時に行う場合には、すぐに終わるにしても時間が掛かってしまうことがあり、受付時間に間に合ったとしても、借りる段階で違えば即日融資が出来ないこともあります。これは書類の不備でもタイムロスしてしまうことがあるために注意しなくてはいけません。

そのために審査時間の基準が各コンシューマーファイナンスごとに明記されていることがあります。そのために審査の時間を考えて融資受付終了まで余裕を持った状況でお金を借りるようにしなければいけないのです。

特に土日は早くなっていたり、平日とは異なる場合も多いために確認作業は怠らないようにしなくていけません。お金を借りる時にタイムロスをしないように書類や審査時間を確認しながらいくと良いでしょう。


みずほ銀行の口座をお持ちの方は

お金を借りる手段として、カードローンがありますが、みずほ銀行の口座をお持ちの方は、みずほ銀行のカードローンを利用するのをオススメします。なぜなら、こちらのカードローンは他社と比べて低金利になっており、限度額も高額だからです。

また、お金を借りるまでの期間も申込方法などで変わりますが、web完結型および窓口では最短即日になっているので、すぐお金を借りたい方も安心です。しかし、当日中にお金を借りたい場合は、午前中までには申込をする必要があり、それ以降に申込をすると翌日以降の借入となる場合がありますので注意が必要です。

また、返済方式ですがみずほ銀行ではリボ払いを採用しています。こちらは借入残高に応じた金額を返済する方法です。返済方法は口座引落が基本となり、繰上げ返済や一括返済などを行いたい時は、提携のATMによって返済します。やはり、返済期間は短い方が良いと思いますので、毎月返済しても生活に余裕がある場合などは積極的に繰上げ返済を行い、残高を減らしていく事をオススメします。


保証人の相談をしなくても大丈夫

住宅ローンなど多額の金額を借入る際に、連帯保証人などを付けることがあります。確かに、お金を借りる場合、その人の弁済能力に不安があれば保証人を付けることを前提条件として提示されることもあります。

しかし、ネットローンなど、あまり多額にならない融資の場合は保証人を付けなくても大丈夫なケースが多いです。保証人を付けるとなると家族であればまだよいのですが、その他の相手だとやはり気が引けて相談できないケースがあります。逆に相談されてもあなたならどうしますか。私なら断ります。でも、そんな心配は特にありません。

例えば、銀行系カードローンなど即日融資が可能なローンであれば本人の身分証明書(運転免許書など)があれば、すぐに審査可能です。決まった上限金額の範囲内であれば、収入証明書も必要ないこともあります。

お金を借りる=保証人というイメージは、過去によく合ったサラ金などの場合で、今は通常の銀行などであれば、特に保証人などは相談しなくても大丈夫です。


メッセージボックスに設置される確認結果

カードローン契約をしますと、大事な通知が送られてくる事はあります。いわゆる確認結果に関する情報です。カード申し込みをした場合、必ず金融会社による審査が実施される訳です。もちろんそれで合格ならば、借りる事ができる流れになります。それで合格および不合格の結果が、申し込み者に伝えられる訳です。

それで通知方法ですが、それこそ金融会社によって色々異なります。電話で伝えられる会社もあれば、WEB媒体で伝えられる会社など、色々とある訳です。人々は、WEBなどを利用する傾向があります。家族が電話に出てしまうと、発覚リスクなどが考えられるからです。それよりはWEBの方が、リスクが低めだからです。

ちなみにWEBによる通知方法は、基本的にはメッセージボックスなどに表示される事になります。もちろんIDやパスワードなどは求められますから、少なくとも金融会社から伝えられたIDなどは、紛失しないよう気を付けた方が良いでしょう。


限度額など様々な要素と環境の重要性

借入には、様々な要素が関連しています。例えば、結婚相談所です。そもそもその結婚に関わるサービスを利用する時には、まとまったお金が必要なケースも目立ちます。それを確保する為に、借入れを行うケースが多いのです。

そうかと思えば、事業融資もあります。そもそも会社を営む方々としては、運転資金が必要なケースも多々あるでしょう。やはり会社経営にとっては、お金は重要だからです。現に銀行などから融資を受けて、助かっている法人も珍しくありません。

それと限度額なども、実は借入に関しては重要ポイントと言えます。そもそも借りられる金額には、限界値が決まっているのです。高めな金額で借りられるか否かは、重要と言えるでしょう。 このように借入れには様々な要素が関わっています。

結局最終的には、環境に左右されると考えた方が良いでしょう。申込者に関する環境次第では、借り入れをお断りされるケースもあります。したがって借りたいと思うならば、できるだけ環境を整えることも大切です。


コンサルティング費用を借りる手段と審査落ちになる主たる理由

内職特集などでは、たまに魅力的な商品がアピールされている事があります。それで、どこかの会社に興味を持つ事はあり得るでしょう。そうかと思えば、コンサルティングなどに興味を持つケースもあります。業務上必要不可欠なので、とりあえず相談できる体制を構築したい事もあるでしょう。

ただ上記で述べた会社を活用する場合、元手が必要なケースも多々あります。それが高めな金額なので、所得証明書不要な商品が活用されるケースは多いです。何と言ってもそれには、手間に関するメリットがあります。比較的簡単にお金を貸出してくれますから、やはり便利と言えるでしょう。

ただし、確率は100%ではありません。審査落ちになる事例はたまにありますから、要注意です。 例えば、勤続年数などです。勤めた年数があまり短期間ですと、落とされてしまう事はありますから、申込タイミングなどは重要でしょう。また収入の安定度なども大切です。収入は、かなり重要度が高いと考えるべきでしょう。


資金のやり取りで求められる信用

資金に関する事柄は、しばしば信用が求められます。万が一の事態が考えられるからです。 例えばプロジェクトなどを引き受けたとします。それでパンフレットや公募などを行い、研修などをしっかり行う計画を立てたとします。

計画を実行する為には、もちろん資金が必要です。それがなければ、様々なアクションは困難だからです。それで上記プロジェクトには、社運がかかっている事もあります。それゆえにプロジェクトを実行する会社としては、資金などは丁重に取り扱ってほしいと考えている訳です。

このため銀行には、信用が求められます。資金を動かすためには、基本的には銀行振り込み等を活用するでしょう。ところが振り込み手続きを行った事で、資金がどこかに漏えいすれば、大変な事になります。それが第三者に流れてしまうと、さらに大変な事になるでしょう。

そういう事態を防ぐ為に、信用が大切なのです。もちろん銀行によっては、きちんと信用できる所もあります。各銀行をよくよく比べて、信頼できる所とお付き合いすると良いでしょう。